.MONOCHROME

--→→simple life--minimalism--psychology←←--

ハヤシ イサオって何者? 私のプロフィールをまとめてみました

.MONOCHROME(ドットモノクローム)の管理人のハヤシ イサオです。

 

Twitterで私の事をフォローしてくれている方はある程度の素性を分かってくれているのかな…と思います。

 

ですが、検索やはてなグループから来た方も中にはいらっしゃるのではないかと思います。

 

なので、この記事を通して私の自己紹介が出来たらと思います。

 

ハヤシイサオのプロフィールについて

 

f:id:yurubota:20191022224312j:plain

 

 

 

1.学生の頃は、ギターを弾く音楽好きのバンド少年だった。

 

 

中学生の頃より、押し入れにあった母親のギターを借りて、ギターの演奏の練習をしていました。


最初はCコードやDコードを鳴らすのでも精一杯で、バレーコードのFコードなんてもう押さえるのにどれだけ苦戦した事か…。

 

それから高校生になると、親から買って貰ったエレキギターで、

Nirvana「smells like teen spirits」を練習し、ギターキッズへと育っていきました(笑)

 

大学生になると本格的にバンドを組み、学祭やライブに出た事は今でも良い思い出です。少なからずファンもいて、当時が全盛期だったのでは?と思う程です(笑)

 

社会人になってからは、エレキギターはあまり弾かなくなりましたが、


「Eric Crapton」「Queen」といった昔ながらのバンドを聴きつつも、アコースティックギターを弾いています。


ちなみに、20数年たった今でも、バレーコードが多めの曲が出てくると、「やだなぁ」と思いながらもしっかり押さえて弾いています。

 

 

一度経験したトラウマは中々消えません(笑)

 

2.社会人になり、人間関係の軋轢で退職をした

 

 

大学卒業後は、とある障碍者支援施設で働いていました。その中では時間外労働や人間関係の軋轢で悩みに悩んで、体調を崩し、それでもギリギリの状態で働いていました。

 

それから数年後、精神障害や知的障害を抱えている児童の療育、サポートをする放課後等デイサービスという仕事に就きました。

 

人間関係を構築していくスキルが今まで以上に重要視される事が増え、人と関わる事が以前より増えました。

 

しかし、今の部署は優しい方も多く、たくさんの方に支えてもらっている為、自分自身も子ども達と一緒に笑顔で過ごせています。

 

私の今の仕事は、チームワークが大事とされる仕事です。


時には同僚をライバルとして見なければいけない場面もありますが、同じ支援者として、共に考えて協力する機会が多くあります。

 

そのバランスが上手い具合に取れている為、程よい緊張感を持ちながら仕事をする事が出来ています。

 

また、私自身も軽度の双極性障害を持っています。

 

その為、自分自身の言動を見直す良いきっかけになり、日々、自己研鑽をしています。

 

3.たくさんの人のブログに触れている内に、私も執筆をしてみたい!と考えるようになった

 

 

元々、ブログを書いたり何かを発信する事は好きで、学生時代の頃からブログを書いたり、小説を書いたり・・・としていました。

 

しかしそれは、日常を綴るものであったり、仲間内で盛り上がるネタだったりを書いていく、よくある日記となんら変わりありませんでした。

 

しかし、色んな企業家の方やインフルエンサーの方の記事を隙間時間で見つけて読んでいるうちに、こうやってただ仕事をしていくだけで終わる人生で良いのだろうか?

 

もっと有意義に時間を使えば、色んな事が出来るのでは・・・と考え始めたのがきっかけです。

 

最近は、少しずつツイッターやブログを使用して、私なりのミニマリズムやミニマリストの考え方や心理学について等をテーマに執筆し、発信しています。

 

私がミニマリストに目覚めるきっかけについては、以下の記事にまとめていますので、合わせて読んで頂ければ幸いです。

 

www.yurubota77.work


 

今後もツイッターやブログを通して、様々な方と出会い、考え方を私の中に取り入れていけたら…と思います。

 

これからもよろしくお願いします。

 

Twitterもよろしくお願いします。